二千円札の現在(2019年)を追ってみると、手がかりは沖縄にあった!

二千円札」と聞いて、どんな紙幣だったのかしっかりと思い出せますか?

発行当初こそ脚光を浴びたものの、今となってはすっかり見かけなくなった二千円札。

見かけなくなればなったで、見たくなるものですよね。

全ての手がかりは、沖縄県にあり!?

二千円札の現在(2019年)を追ってみました!

二千円札はなぜ消えたか知っていますか?

2000年7月に登場してから、約20年も経ちます。

一時期は5億枚を超える二千円札が世の中に出回っていましたが、今となっては1億枚まで流通量が減っているようです。

ここまで減ってしまった理由は諸説ありますが、一番の理由は「使い勝手の悪さ」にあるでしょう。

銀行のATMでは一部を除き出金できず、二千円札に対応している自動販売機もごくわずかです。

近所の自動販売機を見回っても、おそらく二千円札対応のものは見つからないでしょう……。

また、対応機器の問題だけではありません。

「間違いを防ぐため、店頭では二千円札を使わない」

こういった規定のある店舗まであるんです。

現在では手に入れようとしなければ、手に入らない状況となってしまった二千円札。

そんな事情もあって、「お店で二千円札を出したら偽札扱いされた」なんて話を聞くくらいなんです。

このような状況では、当時のように二千円札が出回ることは難しいでしょう。

二千円札の流通・促進が日本で唯一盛んな沖縄県!

そもそも二千円札は、九州・沖縄サミットの開催とあわせて発行されました。

紙幣の表面には沖縄の指定有形文化財である首里城の守礼門が描かれています。

そのため沖縄県内では、今現在でも日常的に使用されていて、流通・促進が盛んなんですよ。

二千円札による釣り銭の支払いはもちろんのこと、金融機関窓口・ATMによる二千円札の出入金対応もばっちりです。

また、二千円札を利用する方に対する割引サービス、特典付与など流通・促進のための取組みを様々行っています。

沖縄にご旅行の際は、実際に二千円札を手に入れて、現地での利便性を確かめてみるのも楽しいかもしれませんね。

琉球銀行や沖縄銀行では二千円札優先出金!?

そもそも沖縄現地の琉球銀行や沖縄銀行のATMでは、二千円札が優先出金されるようになっているようです。

  • 沖縄銀行:二千円札不要ボタン
  • 琉球銀行:二千円札優先ボタン

要は、沖縄銀行ではボタンを押さなければ二千円札が優先的に出金されるんですね。

琉球銀行では、ボタンを押さないと二千円札優先にはなりません。

これらはローソンなどの一部コンビニATMも同様のようで、沖縄県内での二千円札流通・促進に一役かっているようです。

『二』を受け入れる外国と、嫌がる日本

突然ですが、外国の紙幣や硬貨を思い出してみてください。

米ドルやユーロ、ポンドやルピー……全て、2の単位が存在するので珍しくはないんです。

しかし、日本国内の貨幣はこうなります。

1円・5円・10円・50円・100円・500円・1,000円・5,000円・10,000円

全てを1と5という数字でまとめられた単位の中に、『2,000円』って違和感を覚えますよね?

恐らくは、これも二千円札が普及しなかった理由の一つになるんでしょう。

外国の貨幣では、2の単位のものは意外とポピュラーです。

そのせいか、日本では嫌がられた二千円札が海外の両替所で大活躍をしているんです。

日本に来られる方々が、二千円札を持っていることが多いといった話は、このためでもあるんですね。

海外旅行から帰国する際、両替をしたら二千円札が混じっていた、なんて経験をしたことのある方も少なくないのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました