体温計がない?体温計なしで体温を測る方法を教えよう!

ゴホッ……ゴホッ…。

あれ、風邪ひいた?熱もあるかも…。

しかし熱を測ろうと思ったら体温計がない!

一人暮らしの方であれば、あるあると思うことでしょう。そして1人で体調不良になり悲壮感にかられることでしょう…。

自分の状態を把握するためにも、熱だけは測っておきたい!

そんなあなたのために「体温計なしで体温を測る方法」を、いくつかまとめてみたのでご紹介します♪

体温計がない!?まずは焦らず落ち着いて!

体温計って普段から使うものではないから、どこに置いたかわからなくなることって多いんですよね。

他の探し物と同じように「体温計がない!ない!どこ!?」なんて焦らず、まずは落ち着きましょう。

これからご紹介する方法の中でも、悪影響が出る可能性もあるので…。

脈拍から熱を測る

意外なことに、とても簡単に脈拍から熱を測ることが出来ちゃうんです!

人間は発熱すると、その熱の高さによって脈拍に表れるんですね。

熱を測る方法・手順はとても簡単です。

脈の取りやすい部分に3指あて、1分間での拍動を数えるだけなんです!

脈拍を素人でもとりやすい部分といえば、腕の親指の付け根辺りになる方が多いでしょう。

ここであてる指は、なるべく親指以外(人差し指・中指・薬指)を使った3指で行いましょう。

親指自体が太く拍動も強いので、測定した指の拍動と本当の脈拍とを混同する可能性があるからです。

もう1つ注意点があります。

それは食事・お風呂や運動直後など、脈拍が早くなる外因がある状態では測定の意味がほとんどないことです…。

正しい方法で測った脈拍は、熱があれば普段の脈拍より間違いなく早くなっているはずです。

普段の脈拍なんてわからない!

という方は、この表を参考にしてみてください。

対象者の年齢 1分間の脈拍数
乳幼児 100~140回
小学生 70~110回
成人男性(女性) 60~70(70~80)回
高齢者 60~80回

しかしこれも、あくまで平均値になるんです。

できれば普段から、自分自身の安静時の脈拍を把握しておきたいですね♪

おでこをくっつけて熱を測る

幼いころ、熱が出ると母親におでこをくっつけられたこと…ありますよね?

わが子に対する愛情表現の1つとして、病気で弱っているときに元気づけられるという動物的本能の一部でもあるようです。

しかし熱を測るという意味でも、非常にわかりやすい方法なんです!

おでこをあてた時の状態 だいたいの目安体温
温かく感じる 36℃~37℃(平熱)
じんわりと熱く感じる 37℃~38℃
触れた瞬間に熱さを感じる 38℃~40℃

これも、平熱から考えたおおよそになってしまいますが…。

熱が出ていればおでこ付近の神経・動脈などにも、影響が出てくるので確実性は高いです。

また、自分で手のひらで測るよりは、やはり別の人におでこをくっつけてみてもらった方が良いですよ♪

体温計なしで熱を測るアプリもある!

現代の技術はすごいですよね…。

なんと体温計なしで熱を測るアプリもあるんですよ!

とはいっても、測定を実行したら現在の熱(℃)が出るというほどの高性能ではなく…。

脈拍・心拍数を測るアプリになっています。

先ほどもご紹介しましたが、普段の脈拍を測っておけば熱が出たかどうかはすぐにわかります!

脈拍は熱だけでなく、体調の変化をいち早く察知できるものでもあります。

これを機会に、健康状態のチェックのために利用してみるのも良いかもしれませんね♪

iphoneをご利用の方はこちらのアプリがおすすめです!

Cardiio - 心拍数計 + 7分間 エクササイズCardiio – 心拍数計 + 7分間 エクササイズ

開発元:Cardiio, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Androidをご利用の方はこちらのアプリがおすすめです!

インスタント心拍数計と脈拍モニター

インスタント心拍数計と脈拍モニター
開発元:Azumio Inc.
無料
posted with アプリーチ

スポンサーリンク