猫は魚好きって…日本人の勘違いですよ?猫の好きな食べ物は国によって違う現実!

動物に関するトリビアン

あなたの思う、猫の好きな食べ物といえば…?

そう、魚がまっさきに思い浮かびますよね。

最近どんどん豪華で種類豊富になっているキャットフードにも、カツオやマグロなどお魚の成分が含まれています。

しかし、猫はみんな魚が好きだというのは、日本人の勝手な思い込みだって、知っていましたか?

猫の好きな食べ物=魚という方程式

お魚くわえたドラネコ~♪

おぉお~っかけ~て~♪

サザエさんのオープニングでも歌われるくらいですから、そのイメージの強さといったらないでしょう。

猫の好きな食べ物ってなにかな~?

猫は魚が好き!

仮に小さいお子さんに聞いたとしても、「猫の好物は魚である」と即答できるはずです。

しかし、猫はみんながみんな元々「魚好き」ではなかったんです。

ネコ科の動物といえば、ライオン・チーター・トラなど狂暴でもある肉食動物がいますよね。

もちろん猫も、その仲間なのであくまで肉食の動物なんです。

そんな猫の好物は、いつから魚ということになっていったのか…?

実は日本の歴史・風土が、猫の好物の常識を勘違いさせるにいたったようなんです。

日本の猫は魚好きにさせられていた!?

今やペット人気No1、No2を犬と争う猫。

猫派と犬派の論争を繰り広げられることもありますよね。

日本では昔から、そんな人気ペットの猫を飼育するという習慣がありました。

その昔、海に囲まれた日本は漁業が盛んでした。

当時の日本では、今ほど肉を食べる機会もなく、野菜・穀物や魚が主体の食生活だったんですね。

そんなとき、猫が手っ取り早くご飯にありつけたのは、漁の仕事から帰ってきた漁師さんのおすそ分けでした。

売り物にならなくて捨ててしまうような魚は、猫のお腹を膨らませるのには十分、立派な食事です。

また肉食動物であるがゆえに、野菜・穀物は消化にも悪いので好き好んで食べたりしません。

猫は魚が好きで最初から選んでいたわけではなく、漁師から分け与えられる魚をよろこんで食べる習慣によって、好物だと思われるようになったんです。

猫まんまって聞いたことありますか?

猫まんまっていう言葉、一度は聞いたことありませんか?

これも、猫の好きな食べ物と勘違いされていそうですよね。

俗にいう『みそ汁かけご飯』を「猫まんま」と人は呼びます。

実はこれ、手軽にできて意外と美味しいんですよね…。

猫は先ほども言いましたが、あくまで肉食の動物です。

野菜・穀物のかたまりである「味噌」と「ごはん」、これほど最悪な組み合わせはありません…。

今時はキャットフードも種類・栄養ともに豊富で与えやすいですから、猫まんまを普段から与えている方はおられないと思いますけどね。

”人間の食べ物は与えない方がいい”と言われるように、欲しがっても心を鬼にして我慢しましょう。

猫の好物・好きな食べ物は世界中でバラエティに富んでいる!

日本人が思い込んでいた「猫は魚好き」という、誤解…。

その原因は、日本人の食生活だったということがわかりました。

しかし食生活は、世界中の国々によって違いますよね?

だったら、国によって猫の好物・好きな食べ物もかわると思いませんか!?

イタリア・ギリシャ「パスタが好物の猫」

アメリカ・オーストラリア「ピザが好物の猫」

インド「カレーが好物の猫」

どうしても気になって調べてみると、美味しそうに各々の好物・好きな食べ物をほおばっている猫の動画が、どんどん出てきました。

それも、魚ではなく国ごとにバラエティに富んだ内容です。

中には、日本の猫だけどオムライスやカレーが好物だったりと、そもそも食生活の習慣が変わると好きな食べ物も簡単に変化するみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました